2017年07月03日

トライ

ラグビーはトライすることが目的のスポーツです。グラウンドを真っすぐとボールを持って走り、トライを目指します。

ラグビー・グラウンドは縦がほぼ100mでその先のインゴールの地面にボールを付けることをトライと言います。※グラウンドの説明はこちら
TRY1.jpg

その昔、トライでは得点されずに、その後にコンバージョン(ゴール・キック)を狙える権利・チャンスを貰えることからキックを試せるのでトライと呼ばれる様になりました。

私がラグビーを始めた1983年(昭和57年)の時はトライは四点でした。もっと前は三点だったそうです。1992年(平成4年)から現在の五点になりました。この時記憶しているのが、トライとコンバージョンで当時六点がペナルティ・ゴール二本の六点と同じでは無くトライを狙うことを推奨するために、トライの価値を高めたと言うことでトライ五点、コンバージョン二点の合計七点となりました。

アメリカン・フットボールとは違いボールをゴール・ラインを越えて持ち込んでもグラウンディング地面にボールを付けなければ得点となりません。
TRY.jpg

最近ではTMO(テレビジョン・マッチ・オフィシャル)と言ってグラウンディング出来たかをビデオを使って判定するケースもあります。防御する側はトライを防ごうとして、インゴールにははいられてしまったが、グラウンディング出来ない様な抱きかかえたりする時もあります。

ラグビーでは以前は得点しても、あまり派手に喜んだりはしませんでした。それはOne Foe All, All for one一人は皆のために、皆は一人のために。トライしたのは自分一人の手柄ではないからと言う謙虚さがありましたが、最近は喜びを爆発させて表現しています。

ラグビーのライン(線)は外側を意味しますので、ゴール・ライン上はトライとなります。



アニメの視聴はこちらから



ライバル校
 菅平での対戦校
ラグビー関連のお店
 菅平
 スポーツ店
指導者
 籠コーチ
 吉田先生
練習方法
ポジション
ルール
友達編


スポンサーリンク



posted by RUGBY ALL OUT大好き at 18:21| Comment(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

【名前入れブレスレット】メンズ対応 ミサンガより丈夫でかわいいプルセイラ 名入れ文字入れはお任せ【楽ギフ_名入れ】

価格:1,380円
(2017/5/11 13:13時点)
感想(120件)

ノビルン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。