2017年06月28日

ライン・アウト

ラグビー・グラウンドの横のラインはタッチ・ラインと言います。このタッチ・ラインからボールが外に出ると相手ボールのライン・アウトでプレーが再開されます。ライン・アウトは直訳すると線の外です。ペナルティ・キックからボールを直接タッチ・ラインの外に出した場合のみ蹴った側のボールでライン・アウトからの再開となります。
LINE OUT.jpg

ラグビーでボールを前に運ぶ方法は、二つしかありません。ボールを持って前に走ることとボールを前にキックすることです。但しボールをキックした場合はほとんどの場合、相手ボールとなります。ラグビーは陣取り合戦と言われていて、相手陣でプレーすることによって得点チャンスを得やすくなり、相手の得点チャンスを減らします。

キックしたボールがタッチから外に出ないと、相手ボールになってカウンター・アタックを仕掛けられたり、キックを蹴り返されたりしますが、キック・ボールに対して上手にディフェンス出来れば陣地を前に進めてボールを獲得出来るチャンスがあります。

タッチ・ラインの外にボールを蹴り出すことをタッチ・キックと言います。反則で得たペナルティ・キックの場合は、ほとんどの場合、自分達のボールでライン・アウトになるのでタッチ・キックを蹴りますし、自陣から抜け出すためにタッチ・キックを蹴ります。

ライン・アウトはボールがタッチ・ラインを出た地点から再開されます。ボールがキックによって直接タッチ・ラインの外に出た時に自陣の22mラインの内側からキックした場合にはボールがタッチ・ラインの外に出た地点からのライン・アウトですが、自陣の22mラインの外側からキックした場合は、キックした地点に戻されてのライン・アウトとなるので、22mラインの外側からキックする場合は、ボールをグラウンド内でバウンドさせてタッチ・ラインを出る様にキックを蹴ります。(22mラインの外側で取ったボールを22mラインの内側に持ち込んだり、パスしてからのキックは、22mラインの外側からキックした場合と同じく、キックした地点に戻ってのライン・アウトとなります) ※ペナルティ・キックの時は何処からキックしてもタッチ・ラインから外に出た地点でのライン・アウトとなります。
TOUCH KICK.jpg

ライン・アウトは投げ入れる(スロー・イン)する側の人数に防御側は人数を合わせます。多い人数が並んではいけませんが少ない人数でも構いません。ライン・アウトに並ぶプレーヤーはゴール・ラインに平行に並びます。投げ入れる側の人数は5mラインと15mラインの間に7人以下となります。スロー・インはボールを並んだプレーヤーの真ん中に投げ入れます。サインを使ってボールを投げる場所とタイミングを指示します。
LINE OUT2.jpg

ボールを取るキャッチャー(レシーバー)は背が高い人、ジャンプ力のある人が有利です。
LINE OUT3.jpg

ボールがタッチ・ラインの外に出て、障害物に当たらなかったり、競技場で決められた範囲でボールを取ったスロー・インするチームは、ライン・アウトで並ぶ前にボールをグラウンドに投げ入れてプレーを再開することが出来ます。これをクイック・スロー・インと言います。



アニメの視聴はこちらから



ライバル校
 菅平での対戦校
ラグビー関連のお店
 菅平
 スポーツ店
指導者
 籠コーチ
 吉田先生
練習方法
ポジション
ルール
友達編


スポンサーリンク



posted by RUGBY ALL OUT大好き at 20:59| Comment(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

【名前入れブレスレット】メンズ対応 ミサンガより丈夫でかわいいプルセイラ 名入れ文字入れはお任せ【楽ギフ_名入れ】

価格:1,380円
(2017/5/11 13:13時点)
感想(120件)

ノビルン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。