2017年06月21日

きれいにとれたで賞

Fair Catch1.jpg
ラグビーは起源がフットボールなのでボールを蹴ることが出来ます。相手陣にボールを持って行ってトライすることで得点となるラグビーは、陣地を前に進めるためにボールをキックします。

ラグビーで前進するための方法は二つしかありません。
一つはボールを持って走ること、ラグビーは数多くある球技の中でも、誰でも、ボールを持って好きなだけ走れるスポーツです。

そして二つ目はボールをキックて陣地を稼ぐことですがボールは相手に渡してしまう場合が多いです。ボールを持って走ると言うラグビー特有の楽しみと安全によってラグビーは毎年の様にルールが変更されます(大幅な変更では無く細かい部分が明確化される場合が多いです)。

起源は判りませんが、不用意なキックを避ける為だと思われますが、フェア・キャッチと言うルールがあります。自陣の22mラインの内側で相手のキックしたボールをノー・バウンドでキャッチし、キャッチする時にマークと言えば、フェア・キャッチが認められます。
Fair Catch2.jpg

Fair Catch.jpg

私がラグビーを始めた高校時代にフォワードのフランカーながらフェア・キャッチを出来る場面に出会い、マイボール(俺が取るよ)のコールと同じくボールが空中にある時点でマークと大きな声で叫び、ボールをキャッチしました。コールが早過ぎなので、フェア・キャッチは認められずに、プレーはそのまま継続されました・・・。

訳が判らずに取ったボールは味方にパスをしましたが、意味が判りませんで、試合後にボールを取る瞬間にマークと言う。との説明をして貰いました。ちゃんと教えてくれよ。と言う感じでした。

フェア・キャッチをするとボールを取った地点からのフリー・キックでプレーが再開されます。フリー・キックとは直接ゴールは狙えなく、タッチに蹴り出した時は相手ボールとなります。

私がラグビーを始めた1982年(昭和58年)頃は、フェア・キャッチするプレーヤーは両足を地面に付けて身体を静止している状態とのことでしたが、ボールを取りに来るキックした側のプレーヤーとの接触を避ける為の安全性を考慮して、暫くすると走りながらもフェア・キャッチが可能で片足を地面に付いていることとなり、更にはジャンプしていてもマークとコールすれば、良いこととなっています。


アニメの視聴はこちらから



ライバル校
 菅平での対戦校
ラグビー関連のお店
 菅平
 スポーツ店
指導者
 籠コーチ
 吉田先生
練習方法
ポジション
ルール
友達編


スポンサーリンク



posted by RUGBY ALL OUT大好き at 22:38| Comment(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

【名前入れブレスレット】メンズ対応 ミサンガより丈夫でかわいいプルセイラ 名入れ文字入れはお任せ【楽ギフ_名入れ】

価格:1,380円
(2017/5/11 13:13時点)
感想(120件)

ノビルン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。