2017年05月03日

(解説)ラグビーは身体の強さを競うスポーツじゃない

ラグビーは相手陣にボールを持って地面に付けるのが目的のスポーツです。トライと言って5点が得点出来ます。トライ.jpgボールを持っている人がトライする為の相手陣までの最短距離は、真っ直ぐに進むことです。ラン.jpgところが、相手はボールを奪い取ろうとタックルに来ますので、タックルに来た相手をかわしたり、ぶつかって前に進みます。そのままトライになれば良いのですが、そう簡単には前に進めません。前に進む為には、味方にパスをしたり、ランパス.jpgキックをします。ただ闇雲にパスやキックをしている訳では無く、ボールを前に進める為にパス、キックを使います。相手のディフェンスがいない所にパスをすれば、ボールを持って真っ直ぐに進めばトライです。ボール.jpg15人 対 15人で戦うスポーツなので、相手より余計に走ったり、走るコースを変えて相手を惑わしたりと人数を余らすことが出来るとトライが取れるチャンスとなります。どうやって味方の人数を余らせるかの考え方は、詰め将棋と似ていると思います。詰将棋.jpgフィジカルの強さ・身体の強さは強い方が試合を有利に進められますが、それだけでは無く、頭を使います。先に得点とた方が勝ちではありません、前後半の合計80分間が終わってノーサイドになった時に得点の多い方が勝利するので、体力を温存しながらも得点出来る様に考えないといけません。かつて神戸製鋼(現在のコベルコ・スティーラーズ)が1988年(昭和63年)~1995年(平成7年)まで日本選手権V7(7年連続優勝)した時の大八木選手(元日本代表ロック、現在芦屋学園校長)

がラグビーはマラソンに似ていると言っていました。マラソン.jpgゴールするまで体力を温存しつつ、駆け引きで相手より有利に試合・競技を進める。と言うことだと理解しました。


アニメの視聴はこちらから



ライバル校
 菅平での対戦校
ラグビー関連のお店
 菅平
 スポーツ店
指導者
 籠コーチ
 吉田先生
練習方法
ポジション
ルール
友達編


スポンサーリンク



posted by RUGBY ALL OUT大好き at 03:50| Comment(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

【名前入れブレスレット】メンズ対応 ミサンガより丈夫でかわいいプルセイラ 名入れ文字入れはお任せ【楽ギフ_名入れ】

価格:1,380円
(2017/5/11 13:13時点)
感想(120件)

ノビルン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。